A-Life News

2022.06.15

A-Life 通信 vol.025 企業型確定拠出年金の取扱いを始めました

□□ 目次───────────────────────────────────────── ■■

 

1)企業型確定拠出年金の取扱いを始めました!

 

 2)よく選ばれる“選択制確定拠出年金”とは?

 

□□ ─────────────────────────────────────────── ■■

1) 企業型確定拠出年金の取り扱いを始めました!

エーライフでは、企業型確定拠出年金と個人向けiDeCoの取り扱いを始めました。

 

企業型確定拠出年金とは

企業や加入者(従業員)が毎月一定額の掛金を拠出し、積み立てた資産を

自分(従業員)で運用して、将来に年金として資産を受け取る仕組みのことです。

当初は企業が従業員全員に対し拠出する「全員加入」が主流でした。しかしその

後は、企業の拠出に従業員が個人の負担で上乗せできる「マッチング拠出」

や、企業の拠出の有無にかかわらず、個人で拠出を選択できる「選択制」など

さまざまなパターンで導入されています。

 

ちなみに、積み立てた資産を運用する投資先は、企業の提携する金融機関の取扱い

金融商品から従業員自身で選びます。複数の投資先を自由に組み合わせたり割合を

決めたりすることも可能です。運用する投資先は運用益を得られる可能性がある一

方で、元本割れのリスクもあります。“投資経験がない”、“投資が不安な人”は元本保

全性商品で運用することもできます。

 

 

□□ ─────────────────────────────────────────── ■■

2)よく選ばれる“選択制確定拠出年金”とは?

 

確定拠出年金を中堅企業に導入しやすくするために改変された制度が「選択制確

定拠出年金」です。従業員が給与の一部を確定拠出年金に拠出し、老後の資産形

成を自らの意思に基づき、積み立てていくことが可能な制度です。なお、確定拠

出年金に拠出せず、現行の給与をそのまま受け取ることもできます。確定拠出年

金の拠出については社員自身の判断で決定できます。また、企業側にとっては、

新たな費用を負担することなく企業年金制度を導入できる点も大きな魅力とな

っています。

 

 

※選択制確定拠出年金の主な特徴※

・加入者1名から導入できる

経営者一人での導入が可能(一人法人、一人医療法人など)

 

・拠出額は加入者(従業員)が決めれる

3,000円から1,000円刻みで拠出できる。

(上限は、原則として確定拠出年金法で定められている月の拠出限度額となるため、

現在は55,000円になります。他の年金制度に加入している場合は27,500円です。)

 

・加入するかどうかは個人の自由

後から加入する事も可能。

(ただし、一旦加入したら途中脱退は原則不可です。)

 

・社会保険料等の軽減

従業員が拠出した場合、所得自体が下がるため、結果として税控除だけでなく

社会保険料の算定基礎も下がります。(社会保険料の軽減は企業も享受できます)

 

 

「選択制確定拠出年金」は、これまでの確定拠出年金とは異なり、自らが積極的

に参加できる新しい企業年金と言えます。豊かな老後生活を迎えるためには自分

自身で考え、準備する自助努力が不可欠です。選択制確定拠出年金は、確定拠出

年金法の主旨である「自助努力を支援する」というこれからの時代に最適な年金

制度と言えるでしょう。

少しでもご興味を持たれた経営者の皆さま、ぜひ資料だけでもご案内させ

ていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

□□ ─────────────────────────────────────────── ■■

 

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

みなさまのビジネスやプライベートでお役立ていただければ幸いです。

ご質問等がございましたら、電話またはメールにてお問合せ下さい。